闇金の取り立て手口

MENU

闇金の取り立て手口

映画や漫画でよく闇金融の取り立てについて取り上げているものがありますよね。
その中では暴力的な手口が多く、柄の悪い男の人が集金に来るというものがほとんどです。
実際もそうなのか?と思いますが、そういったことは現在ではほとんどないそうです。
もちろん電話での脅しなどもほとんどありません。
闇金融の取り立ては電話が主です。
執拗に電話をかけ、本人が出ないとなれば家族・職場などにも電話が行きます。
酷くなれば友人にも電話が行くことがあるようです。
電話以外の嫌がらせとしては、家に勝手に出前を頼む・風俗嬢を呼ぶなどのこともあると言われていますが、
こちらも現在はないそうです。
そんなことをすれば警察に被害届が出されてしまうので、闇金融もそこまではしません。
電話での内容としては、闇金融は貸した人に対してとても協力的に話を進めていくそうです。
脅して警察に言われでもすれば営業できなくなる可能性があるので、上手く話を進めてお金を返してもらおうとする業者がほとんど。
また電話での対応に応じない場合は家に来て暴力を振るわれるんじゃ?と考える人もいるでしょう。
それもまた警察にバレると厄介なのでありません。
自宅に来ても穏便に話を進めて、どうにか返してもらおうとするくらいです。
それなら消費者金融と変わらないし、借りてもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、そこは間違いです。

闇金融はとにかく利息が高いです。
完済という言葉がないほどに利息がついて回るので、借りたら後は毎月お金が飛んでいくものと思っておきましょう。
ですので借りるのであれば銀行や消費者金融で、闇金融で借りることはおススメしません。